2008年7月22日火曜日

スティーブ・ジョブズの10の教え

・イノベーションは誰がリーダーで、誰が追随者かをはっきりとさせる

・自分がクオリティの基準となりなさい。人によっては、常に優秀であることが期待されている環境に慣れてないのだから。

・すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれをみつけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

・知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。

・仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。

・あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。

・私が知ってるなかで、一年で 2.5 億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。

・私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。

・私たちはこの世界に凹みをいれてやろうと思ってここにいるんだ。そうでないなら、なんでそもそもここにいる必要があるんだい?

・あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマにとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

※スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業祝賀スピーチ(日本語訳)抜粋

未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ

自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです

2008年7月21日月曜日

世界三大

・シンガポール
マーライオン 世界三大がっかり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB
世界で2番目の人口密度(1番はモナコ)
水が足りない(日本から下水還元施設技術支援2011年に完成)死刑が多い
2008年3月には『世界最大の観覧車』「シンガポール・フライヤー」がマリーナ・エリアに完成予定、2008年9月~10月には世界初・夜間市街地でのF1シンガポールグランプリが開催されることが決定している。

・世界三大悪妻
クサンティッペ(ソクラテスの妻)、
コンスタンツェ・モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの妻)、
ソフィア・トルストイ(レフ・トルストイの妻)、
ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ(ナポレオン・ボナパルトの最初の妻)

・マリーアントワネット
デュ・バリー夫人との対決「本日のベルサイユは大層な人出ですこと」1772年に終わる
首飾り事件

・世界三大一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%89%E5%A4%A7%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%82%8A