2019年2月7日木曜日

バレエダンサーインタビュー





バレエジャポンさんのご紹介で、光栄にもバレエダンサーの鎌田真梨さんを取材させていただくことに。

撮影用写真のためにも日当たりのいい席を確保したいのもあって、1時間前にレストランにスタンバイしてお待ちしていたのですが、わたしついついスパイシーな香りとランチを取っていなかったことで誘惑に負け、チキンライスのセットを注文しまして。

ところがそれが強烈に辛かったんですよ。

水をがぶ飲みしたい気持ちにかられたのですが、インタビュー途中でトイレに行きたくなったらどうすんの!という葛藤で極力飲まずにいましたが、半分火をふいた状態でお会いすることになりました。

そんなわたしとは対照的に、ご本人はものすごく清々しい雰囲気漂わせ、バレエダンサーというと伝統的で格式高いイメージから、少しお堅いイメージがあるかもしれませんが、真梨さんは全然違っていて、気さくでいろんなエピソードを楽しくお話くださり、包み隠さないほんとに素敵な女性でファンになりました。マシュー・ボーンの舞台を中心にイギリスで活躍し、主演を担うまでに至る貴重なエピソードを伺うことができました。

なんというか、私自身がバレエを始めたこともあり、インタビュアー側の方がやや興奮気味で落ち着きがなかったと思います笑

そういうわけで、ファッションというよりも、イギリス生活や人物像にフォーカスした内容になりました。
⬇︎
バレエダンサー鎌田真梨がイギリスで叶えた夢