2013年10月21日月曜日

富山

母の故郷富山には、おわら風の盆という、伝統的お祭りがあります。
旅館、料亭、牛乳屋さんなど街並みが全て100年前にタイムスリップしたかのような趣ある和の空間。
その道なりを若い男女がしなやかに踊り歩きます。24歳以下しか踊ることを許されないと。。そのあとを民謡の唄い手と胡弓という楽器の音。ただきれいだとか、風流という言葉では言い表せない、独特な、官能的な、ただただ見入ってしまいました。

帰りの日、富山駅近くの裏側を散歩すると、昭和の雰囲気シネマ街。昼は人通りが少なく、味味な空気と、ちょっと足を踏み入れたらまずいような、怖いような。両方の感じが混ざりながら歩きます。富山という街がどんどん気になってしまいます。

















2013年10月14日月曜日

モーニング

トーストゆで卵、珈琲。
朝の定番ですね。