2019年4月15日月曜日

アート



仕事終わってからゴールドジムの銀座に毎週土曜通ってます。バレエが楽しいので意気揚々と行くのですが、それでもレッスンの帰り道に、あー今日またできなかったなーと凹み気味なときもあるんですよ。

そんなときは帰ってビールでもプッシューと、なるところでしたが、それが当たり前の日常にちょっと変化をつけたくなって、帰り道に銀座シネスイッチにふらっと立ち寄ってみました。いつも通るので気になってたんですが、わたしが好きなヨーロッパ系映画がよく放映している老舗の映画館です。

ここでぼーっと映画見るのいいな!とおもって、看板にあった、フランス人女性が本屋さんを立ち上げて奮闘しながらも成功するヒューマンストーリーの方ができれば見たかったのですが、もう30分も過ぎてて。ちょうど1個だけ予告編上映中ですというのがあったのですが、なぜかポスターに説明文言もあまり書かれてなく、さらば愛の言葉よ・・ というタイトルだけ。なんとなくヨーロッパっぽい雰囲気味わえそうだなーということで疲れてるしあまり考えずに入りました。

入ろうとしたら入り口で3Dメガネを渡されました。
ちょっとその時点で嫌な予感がしたのですが、、

3Dってちょっと疲れませんか笑 出始めからめっちゃ目がふんわふんわして。
疲れてる上に目がめっちゃ疲れてきて笑 疲れのダブルパンチ。

ヒトラーの文節が出てきたり、哲学のような語り口調で男女がもめてて、、ストーリーが全く分からない。

でも見たことを無駄にしない精神みたいなのが働いて、
これは今の疲れてた思考のわたしが結果的に招いた3Dという苦行を与えられている・・映画の中の男女のようだ。これはアートや!

と終わりの方で考えるようになりました。

何にも考えずに入って何これ面白い!となる映画もあるので、ヨーロッパ映画の醍醐味ではあるのですが、気になってやっと帰ってから調べてたところ、なんとあの巨匠ジャン・リュック・ゴダールの映画ではありませんか。気狂いピエロとか有名な、ヌーヴェルヴァーグ(フランス語で新しい波)の巨匠です。

ヌーヴェルヴァーグを調べると、ミュージカルやハリウッドを筆頭に巨額を投資した映画が流行った50年代に、職人よりの見せ方や撮影技術を凝らしたヨーロッパ映画が普及し始めた新しい映画の形式だそうです。

疲れるって言ってすみませんでした!!m( )m  アートやアート!名作映画アートの巨匠の作品なんや!!と思い聞かせて、ビール片手に満足感に浸らせていただきました。m( )m

妹からの、アートをなんだと思ってるん?というツッコミはさておき、映画レビューがわたしと同じ感想が多く、ファンにはたまらないでしょうけど、賛否分かれるようで。

とりあえずわかんないものを全部アートと言ってしまう癖なおしたいと思います。

2019年2月7日木曜日

バレエダンサーインタビュー





バレエジャポンさんのご紹介で、光栄にもバレエダンサーの鎌田真梨さんを取材させていただくことに。

撮影用写真のためにも日当たりのいい席を確保したいのもあって、1時間前にレストランにスタンバイしてお待ちしていたのですが、わたしついついスパイシーな香りとランチを取っていなかったことで誘惑に負け、チキンライスのセットを注文しまして。

ところがそれが強烈に辛かったんですよ。

水をがぶ飲みしたい気持ちにかられたのですが、インタビュー途中でトイレに行きたくなったらどうすんの!という葛藤で極力飲まずにいましたが、半分火をふいた状態でお会いすることになりました。

そんなわたしとは対照的に、ご本人はものすごく清々しい雰囲気漂わせ、バレエダンサーというと伝統的で格式高いイメージから、少しお堅いイメージがあるかもしれませんが、真梨さんは全然違っていて、気さくでいろんなエピソードを楽しくお話くださり、包み隠さないほんとに素敵な女性でファンになりました。マシュー・ボーンの舞台を中心にイギリスで活躍し、主演を担うまでに至る貴重なエピソードを伺うことができました。

なんというか、私自身がバレエを始めたこともあり、インタビュアー側の方がやや興奮気味で落ち着きがなかったと思います笑

そういうわけで、ファッションというよりも、イギリス生活や人物像にフォーカスした内容になりました。
⬇︎
バレエダンサー鎌田真梨がイギリスで叶えた夢


2019年1月30日水曜日

パンツスーツ



いつも演奏会で衣装ジョイントさせていただく藤原さんのご親類で、ベルリン音大の大学院生で現役のバイオリニストでいらっしゃる藤原晶世さんとみんなで食事する3回目の機会に恵まれました。振る舞いといい、話し方といい、惚れ惚れするスマートさ。女性とはいえ、かっこよすぎてちょっとわたしがおかしな感じになります笑

普段ドレスを着て演奏されるとお聞きしてますし、美しい方で、それにしても、性別を超えた魅力を感じずにはいられません!

さておき、サントリーホールであきよさん所属楽団の東京公演があるということで初めて観に行きました。大ホールでソロで演奏、どんな感じなのかワクワクしてたところ、登場したあきよさんですが、なんとパンツスーツ。
女性の演奏者みんな黒ドレスのところ一人パンツスーツというのは非常に目立ってたのですが、4人のソロパートのかたのうちあきよさん以外3人は男性で、逆に違和感がなく揃いに揃ってました。またもや惚れ惚れして聴き入ってました。

ピアニスト天野さんの時の演奏会衣装を提供した時にも思ったのですが、伝統的な習慣や演奏のしやすさや、印象など神経を使うところであると思います。最近はおかげさまで数々のアーティストとお話できるチャンスに恵まれてるので、研究したいなと思いました。

2019年1月13日日曜日

職と服とMad Men

image description

image description

image description

Mad Men という60年代の広告代理店を舞台にした海外ドラマがあるのですが、とてもファッションの参考になります。なぜなら理想的ないい女像が勢揃いなのです。セクシーなキャリアウーマンとか、職場にこんな美人秘書いたらいいなーと思ってしまうわかりやすい作品です。

こんなことを言っていたらフェミニズム団体から女性蔑視などと怒られそうですがそういうことでなくて、職場でその職業の自分を服装から楽しんだらいいと。あきらめたかのような、あっさりした装いがオフィスには多いですが、女性であることも含め自分の考えかた次第であらゆる服装を表現媒体として強力な武器にすることができます。

視線を気にしたり合わせたり我慢をするのはもったいない考え方で、ワーカーライフを有意義にする答えは自分らしさの中にあります。もうひとつ言うと、けして男性に媚びを売れということではなく、取り巻く状況をよく考え、自分が好きな服を着ることで、自信と職への責任感が生まれ、必然的にふわふわした保守的な服は選ばないはずなのです。

会社版コスプレイヤーばりにその環境を思い切り活用できれば楽しい毎日になり、社員数が多いほどやりがいがあります。わたしは当時やりました。ある意味羨ましいのです、いまのわたしはその環境から一旦離れましたから笑

なぜこの考え方が生まれたのかひとつのエピソードがありますので、続きはまた次回。

▶︎わたしが会社員だったら確実に買ってたシリーズ COORDINATESHOP

image description

image description

2019年1月11日金曜日

学生のころ

image description

インスタやTikTokでおしゃれな高校、大学生をよく見かけます。今から20年ほど前、私が学生の頃、服はどうしていたかを思い出してみました。

雑誌やテレビや映画でタレントや女優さんやモデルが着ている服はたいていハイブランドで、学生では手を出せない上に、当時の百貨店に入っている中堅ブランドでも単価1万円はした気がします。東京に出てくる前は、高校生ですからそうそう買えませんので、布を買って来て、好きなワンピースなどを母のミシンで作ったりもしました。

上京して、私は当時から、ECに関連したアルバイトをしていて、オンラインでの買い物には精通していた方ですが、アメリカやイギリスのサイトをよく覗いていました。すると、同じような服例えばワンピース1着が、6-7000円、トップスでも5000円以内ととても安く衝撃を受けたのを覚えています。国際送料1500円ほど入れても問題ない価格帯。品質も悪くなく、ほとんどの服を海外から輸入するようになりました。

それから私が社会人になりEC事業に関わる頃、今から10年ほど前から登場したファストファッションの影響で、国内でも購入単価が半分ぐらいに下がっている感覚はあり、ハイファッションの個性的でモードなデザインを身近に手に入れる機会を誰もが得られたものです。

ただ、当時斬新に思えたファストブランドのラインナップは、売れ線に走り、おしゃれで個性的と言える服は少なくなり、面白みがなくなっているようにも思えます。実際に、日本から撤退や退店する企業も増えました。

私はこうした世の中の動きがありつつも、ベンチャー企業から独立しファッションITを立ち上げ、売れるものを作るというよりも、すでに国内外で存在する面白い服を身近に手に入れる機会を手軽にオンラインで提供したい思いがあり、今に至ります。

写真: 正月 名古屋にて

2018年12月7日金曜日

Ginza Six

image description
image description
image description
image description
今日久しぶりにクロスオーバー森さんとginzasix の WeWorkで打ち合わせ。相変わらずのオシャレなコアワーキングスペースにまた写真をパシャパシャしてしまいました。
SNSマーケティングの本を出版されたということですが、コーディネートショップも事例で掲載されています。ありがとうございます。

ランジェリー

image description
ランジェリーが11月から売れ始めています。特に赤やグリーン、クリスマスデザイン、といってもサンタ風とかではなくデザイン性あるものですが、イベントが多いこの時期は自分用だけでなくプレゼントにも購入いただいています。今年うちがランジェリーのラインナップも増やしてきたのと、去年の今頃はドレスをとにかく推していたので、気づかなかった傾向でした。
ドレス、ランジェリー、ネイルなどのコスメも、日本で流行してるのはピンクやベージュ、いわゆる可愛い"モテ"テイストが共通してますが、うちは真逆で完全に大人路線のビビッドなカラー、シルエットで、どちらかというとヨーロッパに近いエレガントさを追求しています。

COORDINATESHOP ランジェリー

筋肉痛

image description
ゴールドジムのバレエレッスン、先週土曜は演奏会のイベントでお休みしたので、今週火曜が1週間ぶり。火曜が一番ハードな内容なのだけど、今回は本当にきつかった!1週間空くとこんなかんじだったっけ??筋肉痛が今日まで響いてます。逆に週2回というのが一番コンスタントに鍛えて調子よく回復するタイミングなことに気づきました。
あと、今回のレッスンで、ピルエットアンディオールの回転の際に足で回ろうとしちゃダメ、前パッセで立つだけで、上半身の脇の力で回転すると教えてもらいコツがつかめた気がします。というよりもそれは前から先生がよく言ってるのに笑。あとグランパドシャの後ろの足が伸びてないことも気づきました。

2018年11月26日月曜日

法務局

image description
image description
渋谷法務局まで行ったんですが、印鑑証明書を発行するときに必要な印鑑カードを間違えたんですよ。事務所移転する前のやつを持ってきてしまいました。カードが必要なのは印鑑証明書だけで、登記簿は誰でも取得できます。スマホのアプリとかで個人認証できる仕組みでやってほしいなあと。カードってやたら増えるしなんだかアナログですよね。スマホは忘れないし!と、ハチ公バスの中でぐちぐち考えてました。4回ハチ公バス乗りましたよ。ところでハチ公バスってうちほぼ目の前だから法務局(区役所)までほぼ直通片道15分だし便利。

2018年10月28日日曜日

ハロウィン

image description
メイクアップののぶちゃんのイベントに誘われ、ハロウィンとばかりに初めて金髪のウィッグにしてみました。全く違うキャラクターになれる、シャイな日本人で流行する理由は当たり前なのかもしれないです。
ところで2人組の男性に話しかけられ、しばらく私の友人と4人でお話ししながら飲んでましたが、その間、自分でも格好の影響なのか全く別人格になってた上に、ファッションの会社をやっていることなども隠して楽しんでいました。彼らは私がもともと金髪の人だと思っているようでしたし、あとでSNSで繋がったところで私のことに気づかないかもしれないです。

2018年10月16日火曜日

TAE ASHIDA 2019SS コレクション

image description

image description
芦田多恵先生と。TAE ASHIDA 2019春夏ランウェイの観覧の機会をいただき、場所はなんと国立新美術館。とても緊張感と開放感溢れる厳かな空間で行われました。ファーストルックからスポーティエレガントな数々に魅了され、ランウェイに復帰された富永愛さんの貫禄のオーラには、カメラマンも含めて全員釘付けになっていたようです。👀

2018年10月11日木曜日

CHAVATY

image description
🍦 👗 @dress_taylor @coordinateshop_official
📍 @chavaty_omotesando

2018年10月10日水曜日

シンデレラ

image description

image description

image description
バレエの鬼才マシューボーンのシンデレラを観覧👠 終わりにバックステージを拝見するチャンスをいただきました。撮影は不可だったのですが壮大なセットのほとんどはイギリス本国から運んできたとのこと❗️

2018年10月6日土曜日

築地市場閉場日

image description

image description

image description

image description

image description

image description

image description

image description

image description
築地市場の場内までは入ったことなく、閉場日早朝に初めて行きました。粛々といつも通り仕事をこなしている仲卸さんがすごくかっこ良かったです。
建物は老朽化ですが、伝統を築いてきたと思うと美しい空間でした。
11日までの移転作業が忙しく、感傷に浸ってる時間はないようです。
じゃあまた!あっち(豊洲)でも頑張ろうなという会話が印象的でした。

2018年9月29日土曜日

TEAM COLORS

image description

image description

image description

image description
写真はTEAM COLORS のスタイリストさんたちと。半期に一度のパーティに参加させていただき、少しだけスピーチもしました。
スタイリングからボディメイクのトータルプロデュースやアーティストの衣装を手がけるTEAM COLORS さんですが、うちと提携することになりました。コーディネートショップのファッションアイテムを神宮前のメンバー制サロンCOLORSラウンジで購入できます。
パーティ会場では早速生徒のみなさんが着てくださっていて、とっても嬉しかった。

2018年9月25日火曜日

ボイスバレエ

image description
image description
楽しみにしていたボイスバレエ初レッスンをゴールドジム銀座店で参加しました。毎週通っている塚本晃司先生の開発した、ボイトレとバレエを融合した日本初のプログラムで、横隔膜にアプローチすることで腹式呼吸を整え、美声が保てるだけでなく体が活性化され、結果アンチエイジングと痩せる効果があるとのこと。呼吸を普段それほど意識しないことに気づき、中側から筋肉使って翌日背中が筋肉痛になりました。
これから注目されるかもしれないボイスバレエ要チェックです。
写真は塚本先生と一部のレッスン生で最後に。みんないい笑顔。
先生のブログ 🔍ボイスバレエ

2018年9月17日月曜日

椿姫

image description

image description

image description
SR成松さんのご好意でオペラ椿姫を鑑賞できる機会をいただきました。
初めてのオペラでしたが字幕付きで内容も理解でき、素晴らしく響き渡る美声に大興奮でした。

2018年9月15日土曜日

Vogue fashion’s night out

image description
image description
二子玉川ランチの後、バレエに行き、夜は毎年恒例のvogue fashion’s night out へ。かなちゃんと待ち合わせして、Y-3プレゼンツのmiyaviのライブショーはほんとにかっこよかった❗️ライブとファッションコラボのショーがやりたい。

二子玉川

image description
今日は久しぶりにお会いしたエルさんとアコ姉さんと、二子玉川のニコキッチンでランチ。おしゃべりが止まりませんでした笑
青山にまた戻ってくるかも、というお話!

2018年9月8日土曜日

divka展示会

image description

image description

image description

image description

image description

image description
divka 2019SSコレクションの展示会。大胆なカッティングはとてもドラマチックで、大人で洗練された新進ブランドです。東京コレクションのショー以来ずっと見ています。
PRの真紀子さんはエネルギッシュな魅力的な女性でお話しが楽しくいつも出していただくオーガニックティ片手に一緒に盛り上がり、つい長居してしまいます。今日は残念ながらご不在でしたが、デザイナーの田中さんと、新作の他、近況や多くのお話しする良い機会となりました。