2015年1月18日日曜日

時計×レイヤード

欲しいと思った時計はいつも文字盤が大きいタイプ、がっつり大きめの時計をしたい、という話をある女性から聞きました。

私は、時計はアンティークで文字盤が小ぶり、ベルトは細めのタイプが好きでレザーで自分の好みの色に付け替えて使っています。大きめの時計だとなんだか腕元が浮いてしまったり、メンズっぽいイメージがあったからだと思います。

フェミニンなドレスを着ている時に、アンバランスなメンズ時計をあわせてあえて抜け感を作るようなハイレベルなスタイルが似合う人はかっこいいな、とも思います。

そこで、大きめ時計のおしゃれなコーデ、レディライクになる方法、ジュエリーと重ねづけするイメージを集めてみました。ベルトの種類と素材は、ステンレス、レザー、ラバー、ナイロンなど、いろいろありますが、エレガントスタイルにはステンレスかレザーを選ぶのが良さそうですね。

 
 
海外のおしゃれな人たちは大きめ時計×ジュエリー使いが主流?って思えるほどたくさんおしゃれな重ねづけをしています。細くて小さめの時計を見つけるのに苦労したぐらいです。

ブラックカラーベースの文字盤にも、ゴールドが映えます。

  

基本は、時計の文字盤の大きさに対して、繊細な「細め」ジュエリーと重ねるとメリハリがついて、素敵です。時計がゴールドベースの場合ジュエリーもゴールドを一つ混ぜたほうがいいですね。これなら比較的取り入れやすそうですね。

共通点として気づいたのは文字盤がプレーンなミニマルデザインタイプを選ぶと、ジュエリーをいくつか重ねてもごちゃっとせず、スマートでスッキリ見えるかな、と思います。

それに、デザインがラウンド型だとジュエリーのラインと円形のアーチのメリハリが強調されると思います。

時計が大きめジュエリーに見えてきます。



こちらはカジュアルな合わせ方です。ターコイズとゴールドがとってもおしゃれ!この合わせ方真似したくなりますね。流行のフェザージュエリーとあわせてボヘミアンスタイルに。レザーやチェーンブレスとあわせてとってもクール。よく見ると、蹄のチャームがキラッとしてかわいい・・!

  

時計とジュエリーの重ねづけに限らず、洋服の重ね着「レイヤードスタイル」が流行して、今や定番ですが、海外モデルのスタイリングはほんとに上手でとっても参考になります。
洋服もアクセも、メリハリの付けかた、差し引きバランス、そういった方法、どんどん取り入れていきたいですね。

photo : pinterest

0 件のコメント: